カートをみる マイページ&会員登録 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

オカヤドカリとは

オカヤドカリとは | オカヤドカリ飼育方法 | オカヤドカリQ&A | オカヤドカリのサイズ | オスとメスの見分け方 | オカヤドカリ関連書籍 | オカヤドカリの越冬 | ヒーターの設置例 | オカヤドカリの脱走防止 | ガジュマルの加工方法 | ハンドクラフト

オカヤドカリとは?

オカヤドカリとはオカヤドカリとは、その名の通り陸上で生活するヤドカリです。
そもそもは海でくらしていましたが天敵から逃れるなどの理由で陸へと進出してきました。

体のつくりも陸上生活に適応していて、海にすむヤドカリと同じように
エラをもってはいますが、おもに腹部で皮膚呼吸しています。
また、体の乾燥を防ぐために貝殻の中に少量の水を蓄えています。
陸で暮らすようになった今も、貝殻の中に小さな海を隠し持っているよ うです。

オカヤドカリが、天然記念物の指定を受けたのは昭和45年(1970)、小笠原諸島でのことですが、全国的に見れば貴重なオカヤドカリも、地元の人にとってごく普通の、ありふれた生物に過ぎなかったらしいです。魚を釣る際の餌として大量に採取していたそうです。
昭和47年(1972)、沖縄県が本土復帰をはたして、沖縄の人たちはオカヤドカリが天然記念物に指定されていることを知り驚きあわてました。というのも、それまでこの天然記念物を釣り餌として 利用するばかりでなく、ペット用として大規模に販売していたからです。これは立派な産業だったようです。

今も沖縄県では、時期と量を限定しつつも採取が認められています。オカヤドカリは飼育が認められている
天然記念物なのです。身近で天然記念物を観察できるわけですから、最後まで大事にお付き合しましょう。
オカヤドカリの寿命は20年とも30年とも言われています。家庭環境でも大事に飼育すれば、長く生きることが
わかっています。オカヤドカリの神秘的な、そしてユーモアのある行動を見ていると、とても心が癒されます。

オカヤドカリの種類

■ ナキオカヤドカリ

体色にはバリエーションがありますが眼柄下部に黒い柄が見られる。

---------------------------------------------------------------------------------

■ オカヤドカリ

体色は褐色で内陸部で生息していて流通している生体の中では最大の大きさになる。

---------------------------------------------------------------------------------

■ ムラサキオカヤドカリ

成長とともに鮮やかな紫色になる。
大きくなると7cmのサザエの貝に入る大きさになる。

---------------------------------------------------------------------------------

■ コムラサキオカヤドカリ

体色が濃い紫色で生息数は少なく準絶滅危惧です。

---------------------------------------------------------------------------------

■ オオナキオカヤドカリ

体色は小さい頃は赤紫で大きくなるにつれ紫がかった褐色になります。
一番の特徴は潜望鏡のように伸びた眼です。
生息数は少なく準絶滅危惧です。

---------------------------------------------------------------------------------

■ サキシマヤドカリ

体色が赤褐色から鮮やかな赤色。
日本での生息数は非常に少なく絶滅危惧粁です。
国により保護されている種類ですので販売しておりません。

オカヤドカリの進化

ヤドカリ類はエビやカニと同じ甲殻類に含まれ、エビやカニの仲間から進化したのちアナジャコの仲間と
分かれて、貝殻を背負う生活スタイルを選びました。海で暮らすヤドカリ類から分化して、唯一陸上生活に
適応できたのが、 オカヤドカリ科の仲間になりました。

オカヤドカリの進化

オカヤドカリの一生

オカヤドカリの一生は、メスが幼生を海に放ったときから始まります。
その後、脱皮を何度も経験し、体の形を変化させながら住む場所も変えていきます。
ゾエア幼生と呼ばれる赤ちゃんの時代は海中を漂いながら過ごし、少しずつ成長していきます。
生まれたばかりの第1期ゾエア幼生は、4回脱皮して第 5 期ゾエア幼生となります。
さらに 1 回脱皮すると、グラウコトエという名の幼生になり、はさみ脚や歩脚ができてオカヤドカリの形に
ぐんと近づいていきます。脚で水をかいて泳ぐだけでなく、海底をはう事も出来るようになり、時には砂浜でも
動き回ります。こうして、だんだん海から陸へと生活場所を変えていきます。

しかし、海には幼生を食べる魚が多く、生き延びるのは大変なことです。 またゾエアからグラウコトエに変わる
途中で、脱皮しきれずに死ぬケースが多いことが飼育下の実験で 証明されています。
海中生活を生き抜き、陸にたどりつけるのは奇跡的な確率なのです。

おとなへの第一歩は、もう一度脱皮したのち、稚ヤドカリとなって上陸したときに始まります。
体はまだとても小さく米粒ほどですが、形はすっかり親のオカヤドカリと同じです。上陸すると、自分の体にあった
小さな貝殻を見つけて背負い、しばらく砂浜で暮らします。ガラス細工のような華奢な体が、この後も頻繁に
脱皮を繰り返すうちに、甲羅のようにしっかりと硬くなります。 ムラサキオカヤドカリのメスの場合、
陸上に住み始めて2年目で性的に成熟し、産卵が可能になると考えられています。

成体は海岸近くのアダンやモンパノキ、オオハマボウの林で生活するようになります。
そして、産卵の時期を迎え、卵の孵化が間近に迫ると、幼生を放つための海辺に戻ってきます。
ここからまた新しい命が誕生し、海中生活をへて、再び陸へと帰っていくのです。

暑くなければ生きられない

オカヤドカリの仲間は、世界中に14種類が知られ、熱帯から亜熱帯にかけて広く分布しています。
そのうち、日本にはムラサキオカヤドカリ、オカヤドカリ、オオナキオカヤドカリ、ナキオカヤドカリ、
コムラサキオカヤドカリ、サキシマオカヤドカリの6種類が、1年中暖かい亜熱帯性気候の南西諸島と、
小笠原諸島を中心に生息しています。

日本のオカヤドカリたちは、かつて、マレーシアや南太平洋の島々から暖流に乗って、
沖縄や小笠原の海岸に流れ着いたと考えられています。
もともと暑い地域を故郷とし、寒さが苦手なオカヤドカリは、気温20度以上のときにもっとも活発に活動します。
そのため、気温や海水温が高い八重山諸島では、6種類すべてのオカヤドカリが見られますが、
北に行くほど種類が減り、沖縄諸島では3種類になります。オカヤドカリ
生息場所にも違いがあり、たとえば同じ海岸近くでもオカヤドカリは内陸側を、
ナキオカヤドカリは海岸側を好むようです。

6種類の体の色や形も異なり、ムラサキオカタドカリは名前通りの鮮やかな
紫色をしています。日本では非常に珍しいサキシマオカヤドカリは、
体全体が赤く 綺麗です。 そのほか、音を出して「鳴く」種類と、「鳴かない」種類
にも分けられるみたいです。

沖縄や奄美地方では、海岸でふつうに見られるので、昔からとても身近な
生き物として親しまれていたみたいです。
しかし比較的最近になって発見された種もあり、まだまだ新しいオカヤドカリの
仲間が見つかる可能性も高いようです。

「週刊 日本の天然記念物 動物編 オカヤドカリ No.42 」より引用

ページトップへ